Dekaatama’s blog

でかあたまのブログへようこそ!日々のよしなしごとを書いています。

ソニーオンラインストアでLINE Payカード×→REX CARD×→サポートへ電話→REX CARD〇

dekaatama.hatenablog.com


で検討したVAIO S11を「ソニーオンラインストア」で注文しました。

まず還元率2%の「LINE Payカード」での支払いを考えました。

 

私は、「LINE Payカード」に「ゆうちょ銀行」の口座を登録したので「LINE Money」になっています。


パソコンの代金は、約26万円でしたが、「LINE Money」であれば1回で「LINE Payカード」にチャージできるものと思っていました。


しかし、次のような画面が出ました。


「LINE Payカード」にチャージできる限度額は、1日あたり10万円までのようです。


仕方がないので3日に分けてチャージしました。

 

 

 

3日後、やっとチャージが完了しました。

 

ソニーオンラインストア」で、「LINE Payカード」を登録しようとすると次のような画面が出て登録できませんでした。

 

 

 

 

ソニーストアでは、「LINE Payカード」を利用できないようです。

利用できないことも想定していたので次に「REX CARD」の利用を考えました。

 

還元率1.25%+0.5%=1.75%になる「REX CARD」の利用を考えました。

REX CARDのWeb会員サービスである「インターコムクラブ」の中にある「JACCS☆モール」を経由して「ソニーオンラインストア」で注文すると還元率が0.5%追加されます。

 

インターコムクラブ」の初期画面のJACCS☆モール」(赤い〇の所)をクリックします。

 

 


検索画面になります。

 



sony」と入力します。

 

 

 

検索結果に「sony」が出てくるのでクリックします。

 

 

遷移画面です。

 

 

 

しかし、次のような画面になり支払いができません。

 


理由がわからないので「REX CARD」のサポートに電話しました。


どうも利用可能枠に引っかかっていたようです。


やっとApple iPhone X (256GB,シルバー)購入しました!」等で利用が重なり、利用可能枠を超えてしまったようです。

 

「REX CARD」では、この利用可能枠を広げるのも電話です。


サポートに利用可能枠を広げる担当の電話番号を教えてもらい当日の17:00には利用可能枠を拡げてもらいました。


「REX CARD」契約から3カ月経てばネットからも変更できるそうです。

 

成功

 

 

しかし、「LINE Payカード」にチャージした26万円は、どうすればいいんだ!

 

期間固定Tポイントを利用しYahoo!ショッピングで買い物しました

Yahoo!ショッピング」で初めて買い物しました。 

 で書いたようにYahoo! JAPANカードの新規入会キャンペーンで、入会特典5000円+初回利用特典3000円、計8000円が溜まっていたので「Yahoo!ショッピング」で次のものを購入しました。

 

この8,000円のポイントは、期間固定ポイントと呼ばれるものでYahoo! JAPANショッピングおよびLOHACO、GYAO!ストアで使えます。

 

購入予定だった「iPhoneXのアクセサリー」は、Amazonの方が安そうだったのでAmazonで購入しました。

 

ニコン FLX トートバッグ(ブラック) FLXTBBK

5,580円

びっくりするくらい大きな箱でやってきました。

 

以下のブログで紹介されていたのでついつい買ってしまいました。

www.yamaken.org

 

 



〇BONAKO ワイヤレス充電器 iphone x 8 Qi 急速 Qi充電器

 

2,880円

 


合計8,460円となってしまい、他の溜まっていたポイントをかき集めても155円不足。


155円は、クレジット払いしました(^^;)

やっとApple iPhone X (256GB,シルバー)購入しました!

 

 

 

 

購入しようかどうか迷っていましたが、買ってしまいました。

 

ポチった途端に値下がりするといういつものパターンでした。

 

 

iPad mini 2 Wi-Fiモデル 128GB は使っていますが、初のiPhoneです。


いままでのスマフォは、アンドロイドでした。


iOSについてもっと勉強しようと思います。

「獺祭」焼酎 3,240円

この焼酎は清酒獺祭の酒粕をそのまま蒸留して主成分を取り出したものです。その製造方法から量的にはたくさん取れませんが、獺祭のきれいな香りをそのまま焼酎の中に閉じ込めています

 

 

 

スッキリとした味わいです。アルコール度数は高いですがそれを感じさせません。ロックで飲む焼酎です。口に含んだ感じが清酒獺祭と同じです。美味いです。

 

PayPalの為替手数料を安くする

 

EtorenやExpansys等の海外の通販サイトを利用する場合、クレジットカード情報を直接入力するのは、不安ですからPayPal(ペイパル)を利用します。

 

販売元が外貨で代金の請求をしてくると、日本円へ変換する作業が必要になります。

 

 

この変換に掛かる手数料を為替手数料と呼んでいます。

 

PayPalではこの変換をクレジットカード会社が行うか、PayPalが行うかを選択できるようになっています。


初期設定では、PayPalです。

 

為替手数料


VISA 1.63%

MasterCard 1.63%

AmericanExpress 2.00%

JCB 1.60%

PayPal 4.0%


為替手数料だけ考えるとJCBの1.60%が最安です。

為替レート

実際の支払いには為替レートも考える必要があります。


1ドル100円に設定してあるか1ドル102円に設定してあるかで支払い金額が違ってきます。

 

各社ごとに独自の為替レートが設定されています。


為替手数料だけ考えるとJCBが最安ですが、為替レートも考えるとMasterCard が最も安く購入できる可能性が高いそうです(^^;)

 

(例)


VISAとPayPalの為替レートを1ドル100円で同じとし、買い物時に1500ドルを代金として請求された場合。


VISA:1500×100円×1.0163 =152,445円


PayPal:1500×100円×1.0400 =156,000円


差額は、156,000円-152,445円=3,555円


意外と差がありますね。


ここで、JCBが為替レートを1ドル102円で設定していたとすると


JCB:1500×102円×1.0160 =155,448円

 

LINE Payカード(=JCB)の還元率は、2%なので


クレジットカードを整理したい!」で書いたようにPayPalにLINE Payカード(=JCB)を登録し、JCBの1.6%に変更しようとした所、変更画面が出てきません。

 

JCBではPayPalで通貨換算レートの変更オプションが利用できないみたいです(^^;)


ということは、PayPalの手数料4%-LINE Payカードの還元率2%=2%の手数料で購入することになります。


為替手数料が発生する場合は、REX CARD(=VISA)手数料1.63%をPayPalに登録して購入した方が良いようですね。

VAIO S11[11.6型ノートPC・LTE対応・Office付き・Win10 Home・Core i7・SSD 256GB・メモリ 16GB]

子どものパソコンを購入することになりました。

 

本人の希望

LTE対応

②できるだけ大きいHDD

③携帯性のよいもの

④ワード、エクセル、パワーポイントの利用

一太郎の利用

 

購入候補

VAIO S11

②Let's note RZ

ThinkPad X1 Carbon

 

主な点を比較してみると

 

 商品名

 VAIO S11

 Let’s note RZ

 ThinkPad X1

 型番

 VJS11290911A

 CFRZ6HFMQR

 カスタマイズモデル

 モニタ

 11.6型

 10.1型

 14型

 OS

 Windows 10 Home

 Windows 10 Pro

 Windows 10 Pro

 CPU

 Core i7-8550U

 Core i5-7Y54

 Corei7-7500U

 CPUスコア

 8105

 3652

 5220

 メモリ

 16GB

 8GB

 16GB

 ストレージ

 SSD:256GB

 SSD:256GB

 SSD:512GB

 SIMサイズ

 microSIM

 nanoSIM

 microSIM

 幅x奥行x高さ

 283x196x18

 250×181×20

 324x217x16

 本体重量

 0.87kg

 0.78kg

 1.13kg

 見積もり

 ¥258,984

 ¥215,784

 ¥190,814


VAIO」や「Let's note」は、条件を満たしていますが軽く20万円を超えます。


ThinkPad X1」は、直販サイトで購入すれば40%程度の割引が付き、20万円を超えずに選べる中から最高のパーツで揃えても20万円を切ることができます。


VAIO」は、「Windows 10 Home」になるのが気になる所ですが、CPUも最新のものでパワーがありそうです。


「Let's note」は、「携帯性」や「堅牢性」が売りです。


ディスプレイを360度回転させて、タブレットとしても使えるところも面白いです。


いずれの機種にも「Microsoft Office Home and Business Premium」が付いていたり、付けたりしています。

 

選んだ機種

VAIO S11 【LTE対応 SIMフリー】11.6型ノートPC[Office付き・Win10 Home・Core i7SSD 256GB・メモリ 16GB2018年1月モデル 


Made in Japanへの信頼性やある程度CPUパワーのあるものをということで決定です。


購入後、CPUやメモリは変更できませんがOSやストレージは、変更(改造)できます。


購入プラン 合計 270,444円(税込)


VAIO S11(ソニーオンラインストア) 258,984円
Windows 10 Home
・シルバー/S1121
・11.6 型ワイド
・CPU Core i7-8550U(1.80GHz)
・メモリー16GB(オンボード
・第三世代ハイスピードSSD(NVMe対応) 256GB/S1121
LTE搭載
・Office Home and Business 2016

・長期保証<3年ベーシック>


②日本語ワープロソフト「一太郎2018」
Amazon6,480円


③ウイルスソフト ESETファミリーセキュリティ
Amazon4,980円