Dekaatama’s blog

でかあたまのブログへようこそ!日々のよしなしごとを書いています。

五凛 純米酒 1800ml 2,600円

Dekaatamaです。

 

天狗舞」で有名な(?)車多酒造さんのお酒です。

 

五凛とは 美味しいお料理と美味しいお酒。 "日本酒はおいしい"と多くの方に感じてもらいたい。 そんな想いをこめて醸したお酒です。 <ぐいぐいのめる><うまい><のみあきしない> それが、五凛です。 やわらかく、のどごしの良い純米酒

 

「すっきり辛口な」感じがしました。

 

「生酒」好きの私としては次回は「五凛 純米生 山田錦 」を飲んでみたいですね。

 

 

 

 

以上です💘。

ポート赤崎

Dekaatamaです。

 

 

急に思いついて「ポート赤崎」に「岩牡蠣」を食べに行きました。

 

ウィークデイで家族も出ていますので1人です。

 

高速道路を使わないと結構時間がかかるようです。

 

 

鳥取特有の景色です。

 

黒い火山灰土が印象的です。

 

 

 

やっとつきました。

 

 

平日の昼間だったので閑散としています。

 

 

「白バイ貝」を晩酌用に一かご買って帰りました。

 

いつも食べているのとは違って大きな身でした。

 

 

岩牡蠣」を剥いてもらって食べました。

 

これは500円です。

 

美味しかったです。

 

 

帰りは夜になってしまいました。

 

無計画は、ダメですね。

 

以上です💘。

今後の果樹園管理

Dekaatamaです。

  

当分の間は、私が田舎にある果樹園や畑の管理はできますが身体が動かなくなったら"たぶん”誰もやりません。

 

 

果樹園や畑をそのまま放っておくと雑草と蔓草(つるくさ)が繁茂して荒れてしまうので、木の苗と花を植え、田んぼや畑を山に返そうと思いました。

 

 

 

同じことを考えて実行した人もいます。

 

過疎化が進む埼玉県秩父の山あいの村で、もう耕さなくなった先祖代々の畑に、1万本以上の花やもみじを植え続けてきた小林公一さん・ムツさん夫妻。「耕せなくなった畑を放っておくのは申し訳ない。せめて花を植えて山に返したい」という思いからである。2006年(平成18年)秋、夫の公一さんが肺炎で亡くなった。晩秋、2人が植えたもみじが鮮やかに色づく山村を訪ね、ムツさんの晩年の過ぎゆく穏やかな時間を見つめる。

 

NHK の番組になってもいるようです。

 

 

 

この写真の法面(わかりませんかねえ)も今まで住んでいた「じいさん」と「ばーさん」が管理をしていました。

 

レンギョウツツジなど季節毎の花が咲いてとてもきれいでした。

 

しかし、亡くなられた後はこのように荒れ放題です。

 

 

しかし、花や木を植えても結局同じなのです。

 

管理する人がいないと里山は維持できません。

 

①思い切って公園を作る

→商業ベースに乗れば維持管理が出来るだろうけど、難しいだろう。

 

②森に返す

「花や木」ではなく、その土地に生えている木を植える。

→ホントに維持管理の必要のないただの森になるのか。

 

住んでいた証(花や木)を残そうとする「思い」があるのがいけないのか?

 

今まで崩れたことのなかった裏山ですが「岡山道」の工事が入ってバランスが崩れてしまったようです。

 

以上です💘。

台風一過

Dekaatamaです。


台風が来そうだったので庭の「プルーン」を収穫しました。


今年は、2個。


貴重品です。いつ食べますかね。

 

 

台風一過。

 

いつもの岡山の台風でした。(前もって心配はするが被害はほとんど無い。)

 

西日本豪雨」のこともありますので、よかった、よかった。

 

草刈りの跡を点検に帰りました。外気温は40℃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上です💘。

Ohmine Junmai 3grain 3,200円

Dekaatamaです。

 

透明な一升瓶が目立っていました。

 

甘さと爽やかな酸味。米の旨み。そして、ジューシーな味わい。少し甘さが目立ちます。

OHMINE 「当蔵について」私達は農業と地域資源を軸に地域の未来へ繋がる産業に成ればと、2010年に50年以上休眠状態だった大嶺酒造を復活させました。当初は日本酒を取り巻く環境も決して良いとは言えず、「なぜあえて日本酒なんだ?」と疑問の声が多くあったのも事実です。主たる基幹産業の少ない地域にとって、将来に繋がる産業を創出することは地域の未来にとって非常に重要で、無謀とも思える「酒造復活」も小さな地域農業をダイナミックな経済活動へ変える力が十分にあると私達は信じていました。日本酒や農業には長い歴史と共に培われてきた高度なノウハウがあります。私達は文化や伝統を最大限に尊重し、現代の技術をもって先人達の成しえなかった日本酒を創造したい。現状や過去のレシピに満足せず日本酒の研究を日々の楽しみとし、醸造に情熱と好奇心を持って地域の気候とアイデンティティを表現するような日本酒を創り続け、この度の私達の行動がこれからの日本の伝統や文化と成れば幸いと考えています。

「当蔵の方針」Try new things, Find new innovations.古典レシピを尊敬しつつ、現代の技術をもって先人の成し得なかった日本酒を創造する。

「当蔵の純米酒アルコール発酵中に失われていく各種旨味成分を独自の研究により最大抽出し、旨味、甘味、酸味の究極バランスを追求した加水調整無しの純米原酒です。

HPより

 

透明です。

 

 

「 3grain」を模したデザイン?

 

以上です💘。

新型iPhoneを購入しますか?

Dekaatamaです。

 

発売されましたね。新型iPhone

 

dekaatama.hatenablog.com

 

で期待したように、iPhoneもデュアルSIMに対応しました。

 

物理的なデュアルSIMに対応しているのは中国版だけで日本で使いやすい周波数に対応しているのか気になるところです。

 

実は、「音声通話用のSIM」に加え「FUJI SIM」の様な大容量のSIMを契約して使い倒してみたいという思いがあってデュアルSIMに期待をしていました。

 

しかし、現状、外でそんなに大容量のデータ通信が必要ではありませんし、ヒマもありません。

 

また、iPhoneでは「Fuji SIM」はテザリングが出来ないと言われているので今回はパスすることにしました。

 

…ホントかな。

 

で、取りあえず現在契約しているDMMで3枚目のSIMカードを追加して、「ipod化」している「Galaxy s7 edge」を現役復帰させて遊んでもらうことにしました。

 

(1)DMMの「マイページ」に行きます。「>ご契約内容変更」をクリックします。

 

 

(2)「SIMカードを追加する」をクリックします。

 

 

(3)サイズは、当然「nanoSIMサイズ」。「SMS」は、必要なし。「オプション」も必要なし。

 

 

(4)確認画面です。1枚発行するのに「3,665円」掛かるようです。

 

結構掛かりましたね。

 

 

久々にandoroidを設定しています。

 

アップデートなどもあり面白いのですが、これで「新しいスマフォ」への思いを断ち切ることが出来るでしょうか…

 

以上です💘。

UQモバイル(端末一括購入・キャッシュバック)

Dekaatamaです。

 

dekaatama.hatenablog.com


 

で検討したように、「UQモバイル」にMNP転入と同時に「ぴったりプランS」に入り各端末を購入した場合の月額の支払いをシュミレーションしてみました。

 

いずれも2年目から+1,000円になります。

 

1)「iPhone 6S」の場合

 

 

2)「iPhone SE(128GB)」の場合

 

 

 

3)「HUAWEI P20 lite」の場合

 

 

やはり、「iPhone SE(128GB)」がいいですかねえ…

以上です💘。