Dekaatama’s blog

でかあたまのブログへようこそ!日々のよしなしごとを書いています。

格安SIM、乗り換え検討!

Dekaatamaです。


家には固定回線を引いていますが、野外や実家に帰ったとき通信量を気にすることなく「youtube や「AbemaTV」を見たいと思いました。

 


①DMM(現在)

8GB通話SIM1枚+データ通信SIM1枚=2,680円


②FUJI SIM

50GBプラン 3,100円/月

20GBプラン 2,400円/月


このSIMは、民泊系と呼ばれるソフトバンクの回線です。


ソフトバンクテザリングを有料にしてる関係からかソフトバンクで販売されているスマフォではテザリングができません。


iPhone」や「Pixel 3」でテザリングができません。


これだけ大容量なのに残念です。


また、このSIMにはSMSや音声通話が付かないので他に音声通話のできるSIMを契約する必要があります。


データ通信のみで利用できる「IP電話」も考えましたが、まだ現役なので「音声通話番号」は信用の面からも必要と考えました。退職したらあり、だと思います。


そうなると2台持ちするかDSDV機を購入する必要があります。


現在の所、フェリカ付きのDSDV機は「OPPO R15 PRO」しかありません。


残念ながら評判がよくありません。


また、この上に音声通話と子どものデータSIMを契約すると料金も高額になりますね。


BIGLOBEモバイルエンタメSIM


●このオプションを付けると対象の動画や音楽サービスのデータ通信量をカウントせず制限

なく使うことができます。


<対象サービス>

YouTube / AbemaTV / U-NEXT / YouTube Kids

Google Play Music / Apple Music / Spotify / AWA / radiko.jp / Amazon Music


音声SIMには、480円で付けることができます。


他に、

 

BIGLOBEモバイルには、高速通信のON/OFF機能がありません。


月間データ量を使いきった場合の通信速度は、200Kbpsになります。


BIGLOBEモバイルがKDDI」の子会社になった関係もあり次の2つの回線から選ぶことができます。

タイプA(auの4G LTE回線)

タイプD(NTTドコモ回線)


タイプAは、「auの4G LTE回線」のみで3G回線の利用ができないところが不安と言えば不安ですが「タイプD」に比べて早いとも言われています。


現在所有の機種は「iPhone X」です。バンドも対応しているので「タイプA」も面白そうです。


●不要になったSIMカードの扱いは、SIMカードのタイプによって異なり、


・タイプAの場合

タイプAのSIMカードのご返却は不要です。お客さまご自身で破棄してください。


・タイプDの場合

タイプDのSIMカードは貸与品のため、ご返却いただく必要があります。

 

 8GB通話 +    +データ通信SIM1枚=2,680円(DMM)

 6GB通話 +エンタメデータ通信SIM1枚2,830円(BIGLOBE

12GB通話+エンタメデータ通信SIM1枚=4,080円(BIGLOBE

以上です💘