Dekaatama’s blog

でかあたまのブログへようこそ!日々のよしなしごとを書いています。

Google Apps Script の勉強 その26 Webページ形式で個人情報の申請に応える ”配列の開始番号は0、GoogleスプレッドシートのRangeの開始番号は1であること"

Dekaatamaです。

前回までのミッションは、

Googleフォームから申請があった人に個人情報のファイルを添付してGmailから返信する

今回は、上と同じ内容をWebページで表示できないかと考えました。

メンバーがWebページのリンクをクリックすると、メンバーのアドレスを自動取得してその人の個人情報を表示する。

です。


個別のデータは、Googleスプレッドシートに置いておき、アクセスのあった人のデータを読み込んで表示することにしました。


PDFの添付ファイルを送りつけるよりは、メンドウがないかと思いました。

出来たのは出来たのですが…

1)Googleスプレッドシートの値を一括で配列に取り込んだときに配列の開始番号が0であること。

2)GoogleスプレッドシートのRangeメソッドで行番号と列番号を指定してセル値を取得する場合、開始番号が1であること。

1)と2)で混乱してしまいました。

思った通りの表示が出来ず、理解するまで時間がかかりました。

以上です💘